« 岡本民家園 | トップページ | 二子玉川の大山街道へ »

谷戸川合流

Dscf0958

丸子川と名前を変えた次太夫堀は静嘉堂文庫下の閑静な住宅街を流れます。木製の遊歩道も心地よい散歩道です(でも、休日は二子玉川へ向かう買い物の自家用車で大混雑、渋滞の列がこの辺りまで続きます)。

Dscf0865 岡本民家園を過ぎて、しばらくすると同じくらいの幅の川が合流します。谷戸川です。この川は希望が丘のほうから流れ出し、祖師谷大蔵の山野小学校の近くを巡り、砧公園の中を流れてここで次太夫堀の用水として取り込まれます。次太夫堀(六郷用水)はこのようにして、野川、入間川、仙川、谷戸川と世田谷を流れる川の水を呑み込みながらその流れを大きくして天領である六郷に向かっていたのです。

砧公園の中を流れる谷戸川はとても世田谷とは思えないような風景を作り出しています。

Dscf2642

谷沢川合流

|

« 岡本民家園 | トップページ | 二子玉川の大山街道へ »

コメント

谷戸川と丸子川の合流地点、
どちらも水がさかのぼらないように坂になっているのですね。

トラックバックおよび遅ればせながらリンク集に載せさせていただきました。
よろしくお願いいたします。

投稿: たんぽぽ | 2007年9月13日 (木) 23時29分

リンク&トラックバック、ありがとうございます。
世田谷の川を次々呑み込んでいく次太夫堀(丸子川)の流路をたどって行くと、世田谷領の農民の水を天領である六郷へ無理やり持っていく怖さも感じてしまいます。

川って、なんか怖いです。

投稿: 野川のカルガモおとーさん | 2007年9月15日 (土) 03時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 谷戸川合流:

» 丸子川を坂上る鴨 [二子玉川便り]
え? 鴨が丸子川をさかのぼっている??? なぜ 驚いたかというと坂をペタペタと足を動かして 上がっていったのを見て、ほーこういうのぼり方をするのね。 とてもかわいらしかったですよ。 鴨が3匹。なにか井戸端会議しているような感じです。 この鴨の巣ってど..... [続きを読む]

受信: 2007年9月13日 (木) 23時05分

« 岡本民家園 | トップページ | 二子玉川の大山街道へ »